通信教材の買取サイト

英会話、資格講座など使わなくなった通信教材って、実は高値で売れるのを知っていますか?

トップページ > ビデオテープの取り扱い
ビデオテープの取り扱い

通信教材の中には付録としてビデオテープがついてくるものもあるかもしれません。ビデオテープが付録についている通信教材の場合、とりあえず再生をしてみて、画質に問題がないかどうか確かめてください。

ビデオテープは数回しか見ていないから大丈夫と思っている方もいらっしゃるかもしれません。しかし長年ビデオテープを放置しておくと確実に劣化していきます。テープにカビが生えたり、テープ自体が劣化してしまう可能性があります。テープの状態について確かめることも、買取前に行っておきましょう。

ビデオテープにカビが生えているとテープのところが白く粉を吹いているはずです。もし粉を吹いている場合には、再生自体をしないほうがいいでしょう。場合によっては、デッキ自体が故障をしてしまう可能性があるからです。また白い点がテープのところに散見される場合、そちらもカビが生えている可能性が極めて高いです。このようなビデオテープを所有している場合も、わざわざ再生をして確認することのないようにお願いします。

もしビデオテープにカビができてしまっている場合には、通信教材買取業者ではビデオは欠品扱いになります。その分買取価格は安くなりますから注意しましょう。もし一切ビデオテープを開封していなければ、わざわざ確認をする必要はありません。未開封であれば品質も劣化することはありません。買取価格も高い状態を維持することができます。

関連エントリー
Copyright © 2010 通信教材の買取サイト . All rights reserved